応援アイテムとしてのうちわ

うちわは涼を感じる為のアイテムとして認識されていますが、情報サイトであるお得なうちわ情報(http://www.quinoas.com/)でも紹介されているように平安時代、戦国時代での使われ方は異なっていました。

そして現在、うちわは涼を感じる以外の目的として他の用途にも使われています。

祭事にも使用されていますし、コンサートやイベントなどでも多く販売されています。

今多く使われているものの一つに応援用のうちわがあります。

これはコンサートなどイベントでも使用されますが、キャラクターやメッセージ、それにタレントの画像などを使用しています。

これらは販売されているものもありますが、オリジナルで作成することも出来ます。

うちわの骨組みだけも販売されていますし、今では家庭用のプリンターなどで画像を簡単に印刷する事が出来ます。

技術の発展に伴い、出来ることが増えてきましたが、個人使用のものの場合大抵は自宅で作成可能な時代になったのかもしれません。

型紙なども販売していますので、季節を楽しむアイテムとしてオリジナルうちわを作成するのもいいと思います。

うちわは日本の伝統ですし、身近なアイテムとして愛用されているのです。